1. HOME >
  2. 環境対策

環境対策

<バイオマスプラスチック>

環境に優しい、バイオポリエチレン

地球温暖化・PM2.5問題など、地球環境に関心が集まり、各業界では環境対策への対応を行っています。
当社が扱うプラスチックフィルムは石油を原材料として製造されています。そのため、廃棄方法や焼却する際の温室効果ガスの排出など、環境への負担も少なくはありません。もちろん、化石燃料資源の枯渇という問題もあります。
そのような風潮の中、植物を原料とした、新たな素材として誕生したのが「バイオマスプラスチック」です。
当社ではこの「バイオマスプラスチック」、中でも「バイオマスポリエチレン」の導入を開始しました。
「バイオマスポリエチレン」はサトウキビ由来の原材料を使用した、新素材です。
製糖後のサトウキビの廃糖蜜から得られるエタノールを原料とし、フィルムを作ります。もちろん、サトウキビは何度でも育てることができるなど、自然の循環性を生かした素材です。廃棄時には二酸化炭素を排出しますが、新しいサトウキビが育つ過程で二酸化炭素を吸収することで、地球全体の二酸化炭素量の増減には影響を与えない、カーボンニュートラル(温室効果ガス削減効果)もあります。
この「バイオマスポリエチレン」は従来のポリエチレンと同じように取り扱うことが可能です。

環境に優しい新素材「バイオマスプラスチック」を使用するメーカー様も徐々に増えはじめ、この傾向は更に加速するものと予想されます。
当社でも、地球環境保護に少しでも貢献できるよう、新素材「バイオマスポリエチレン」を積極的にご提案してまいります。
※当社の「バイオマスポリエチレン」の供給元は、双日プラネット株式会社です。詳細に関しましては、弊社営業までお問合せ下さい。

『Green PE』包装紙始めました!!!

ご用命により『Green PE』包装紙を使用した製品の出荷を承ります。
環境に優しいサトウキビ由来の樹脂『Green PE』を使用することにより、環境保護に少しでも寄与するものと考えております。

<エコアクション21>

エコアクション21すべての事業者が環境への取り組みを効果的・効率的に行なうことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組み、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境庁が定めた『エコアクション21』。
『エコアクション21』は環境マネジメントシステム・環境パフォーマンス評価及び環境報告を統合したものとして、今後の環境問題には欠かせないものです。
当社では2012年に『エコアクション21』の認証を受け、効果的・効率的に環境配慮に対する取り組みを実施しています。
 ※『エコアクション21』の詳細については『エコアクション21』中央事務局 のサイトをご覧ください。

<VOC対策>

東邦樹脂工業のVOC回収装置2006(平成18)年に施行された『改正大気汚染防止法』を受け、プラスチックフィルムを主原料とする当社でも、少なからず環境に負荷を与えている事実を重く受け止め、有機溶剤を回収し、リユース化を図るなど、VOC(揮発性有機化合物)による環境負荷を最大限に軽減し、きれいな空を守る取り組みを進めています。
また、2011(平成23)年2月28日より、リスクアセスメントの実施を行い、更なる安全衛生の向上とリスク削減・撲滅に向けた取り組みを行っています。
※右写真は本社工場内のVOC回収装置