ご挨拶

東邦樹脂工業社長 田村敏明時代が求めるニーズを先取りし、包装業界をリードしていきます。
 ライフスタイルや価値感の多様化に伴い、生活を取り巻く商品も多種多様に変化を遂げています。
 このような変化は、商品を包む包装材
の多様化・高機能化という、更なる変化をもたらしました。
  商品の保護・保存・密封といった基本性能に加え、現在では補強・防湿・保香・耐油・耐蝕・耐煮沸・殺菌など、包装材には様々な機能が求められるようになりました。
 例えば、水滴がかかる状態で展示・使用される商品のパッケージには耐水性が求められ、直射日光を避けられない環境では、耐候性やUVカットが要求されます。更に「いのち」に関わる医療分野では、まず安全性と衛生性が求められ、手術時や看護時には機能性、そして誤認を防ぐための視認性も求められます。
 このように様々な機能が求められる一方、近年では環境保護への関心の高まりもあり、美観や経済性・機能性に加え、環境に配慮した包装材も重要視されるようになりました。
 これらの全てを克服しつつ、機能的な包装材をご提供することが、包装メーカーに求められています。
 東邦樹脂工業株式会社は1960(昭和35)年に創立以来、包装の専門メーカーとして業界の発展とともに着実に歩んでまいりました。
 その根底にあるのは「包む」ことへの情熱です。
  全社員がこの情熱の下、常に時代が求めるニーズを的確に把握し、技術の研鑽に励むとともに、最新鋭の機種を導入し、お客様にご満足頂ける包材をご提供しております。当社が作る包材は様々な分野でご利用頂き、商品を「包む」ことを通して、皆様の生活の一部を支えています。
 今後も、より付加価値の高い包装材が要求され、ますますの技術向上が必要になると思われます。
 私たちは「包むこと」への探究心と情熱を忘れず、その無限の可能性に挑戦し続けることで、いつの時代も最先端の包装技術で社会に貢献し、皆様に愛される企業を目指してまいります。

                            品質方針
         我社は顧客満足を基本とし、より安全、安心で良質な商品をより早くお客様に提供し社会に貢献します。

                           全社品質目標
         1. 迅速な対応で提案型の活動でお客様の満足を得て新規開拓に取り組みます。
         2. 常に原価意識を持ち、創意と工夫で徹底した効率化とコストダウンに挑戦します。
         3. 5S活動、ISOの更なる推進で「労働災害ゼロ」「品質の向上」「クレームの撲滅」に努力します。
         4. 一人一人が自己の役割を認識し、責任ある行動で職務を遂行しよう。

   2018年2月

東邦樹脂工業株式会社
代表取締役社長