1. ホーム >
  2. 技術情報 >
  3. 水性コーティング
東邦樹脂工業の水性コーティング

水性コーティング

水性コーティング環境問題に関心が集まる中、各業界では環境にやさしい素材・製品の開発に力を注いでいます。 当社では主にプラスチックフィルムを主原料とした生産活動を展開し、様々な環境対策を行っていますが、環境への負荷は避けて通れません。
そのため、少しでも環境に寄与することを目的に、環境に優しい水性コーティング『Aqueous Coating(アクア・コーティング)』も取り扱っています。
例えば、私たちがよく利用する手提げ用紙袋。一般的に紙の袋は雨などに濡れると破けたり、シワがよったりして、使えなくなることも多いと思います。当社の水性コーティング加工をすることで紙の袋は雨に濡れても撥水機能・耐水性があるなど、さまざまな条件下でも長く利用いただけます。これは、溶剤を使用しない機能性の水性塗料を直接基材である紙にコーティングするため、従来のプラスチックフィルムをラミネート処理する場合とは異なり、プラスチック樹脂の被膜はありません。この工法で生産することで環境に優しく、更に紙のリサイクル(古紙回収)も可能となります。 水性コーティング
また『Aqueous Coating(アクア・コーティング)』には、粘着力を持たせた特殊な水溶性エマルジョンによるコーティングで、その面同士が熱圧着で貼合せが出来る”ヒートシール”タイプと、熱を使用しないで圧着する”コールドシール”タイプの包装材料があります。
ヒートシール機能を付加したタイプは、使用済みのダンボールや紙類を粉砕し、”ヒートシール”で包み込み、流通時の重包装用や一般の製品保護のための緩衝材として利用されています。この製品事例として株式会社ワタコン様と共同開発し、古紙をリユースし製品化した『エコワットペーパー』があります。この製品は使用後には再度古紙回収へとリサイクルが可能なことから、高い評価を得ています。
水性コーティングの構造圧着することで簡単に貼合せることができる”コールドシール”は、この包材を利用し、梱包材料のメーカー様が独自に特殊加工を行い、書籍やCD-Rom、各種部材用の緩衝機能を付加した包装材料の部材としてご利用頂いています。
限りある資源を有効に使用し、リサイクル・リユースで地球環境を守ることを目的に開発された水性コーティング。この加工は、基材は紙やプラスチックフィルムの他にも応用出来るコーティングテクノロジーですが、現在では緩衝材や紙の袋などの分野で広くご利用頂いています。
日本では手がける企業も少なく、認知度は低いものの、これからの加工方法として注目を集めることは間違いありません。

東邦樹脂工業の水性コーティング
水性コーティングを利用したパッケージ
コールドシール加工
ヒートシール加工

<特 徴>

  • 焼却時の燃焼カロリーが低く、環境への影響もほとんどありません。
  • 古紙回収性に適合しています。
  • 耐水性・撥水性・耐摩耗性の優れた紙の表面を形成します。
  • 耐ブロッキング性に優れ、紙の層別れが発生しません。
  • 水性塗料を使用するため、残留溶剤はありません。
  • ツヤコートとマットコートが選択可能です。

<設 備>

  • 基材幅/500mm〜1,200mm
  • ロール幅/1,300mm
  • 基材厚/30g/㎡〜150g/㎡